FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚え書き2

2017.7.22

漂うブロガーです。

覚え書き、その2。



やがて死ぬのに、なぜ人間は生まれてくるのか。

それは命がそうなってるんだと思う。

産まれて
生きて
死んでいく

命のサイクル。そう出来ている。

楽しくても苦しくても、死んでないなら生きていくしかない。



いつかは消えてなくなるのに、なぜ人間は、より良く生きようとするのか。

本当の孤独とゆうのは、存在しないかもしれない。

この宇宙で、他の何かと一切の関わりを持たない存在があるだろうか。

物理学でも量子論でも生物学でも、他との繋がりが一切無い物が存在すると成り立たない。



より良く生きようと思う対極は、自殺。



人間には自殺する能力が備わっている。 他との関わりを排除できないなら、自殺は他殺でもある。

自分の自殺は、他の誰かの世界を殺すことになるからだ。



だから、より良く生きようと思うのは、自分と同時に他を生かす。

他を生かし、他に生かされる。内界と外界が切り離された満足は無い。



でも普段、他との関わりを気にとめることは、あまり無い。

苦しみ抜いた時、初めて他との繋がりが分かる。



命の根底は喜びだと思う。



生まれる事が悪で忌み嫌われるなら、長続きする命はない。



大事なのは、自分を信じることと。命は喜びだと信じること。



そうは言っても、苦しくて死にたい時は、そんなこと考えられない。



でも、命が喜びなら必ず変わるはず。

そして、苦しければ苦しいほど、変わった時の実感も大きい。

色々見えるようになる。

色々分かるようになる。

それがそのまま幸せだとは言わないけれど、少なくとも、一歩前向きにはなれると思う。



たった一歩。でもそれは、その後の一万歩よりは価値がある。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。