FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断捨離

2017.6.9

漂うブロガーです。



危険なレベルまで思い詰めてた頃から、約1ヶ月過ぎました。



本音を出せるようになったから、かは分かりませんが、今は落ち着いてきてます。



個人的には

「もう死にます」

と打ち明ける以上に重大な告白って少ないと思ってるんですが、私はこれをやっちゃいました。



なので、もう自分の中には隠し事も何もないです。



心に余計な物を抱えるのは、精神衛生上よろしくないのを実感していますよ。



死ぬ死なないは、今はこだわっていません。でも、いつ死んでもいい、とゆうのは変わってないですね。



まあ、命の問題は置いといて。



最近は断捨離に励んでいます。






とにかく処分。



本やCD、倉庫にしまってあった道具類、使わないバッグ等々、リサイクルショップに通っては売りはらってます。

まだ細かな不用品はありますが、本とCD、カバンはほぼ全て、道具類も、本当に必要な分しか残していません。



こうしてると

「やべぇ種類の身辺整理か?」

と思われるかもしれませんが、そうじゃないです。



「死にたいと思って死ななかった」

とゆう出来事は、経験としては意味がありました。



ただ失う物があるのも事実。



それは、人との繋がりだったり、社会的信用だったり色々です。



で、色々考えた末

・関わらなければ傷付けない
・手に入れなければ失わない
・期待しなければ裏切られない

とゆう結論にたどり着きました。



ちょっと後ろ向きっぽくはありますね。



でもこの3ヶ条、理解しにくいとは思うんですが、今の私には相手と自分を守る防波堤なんです。



今は孤独を感じてますが、3ヶ条を越えて心に入ってきた出来事や人物があるとすれば、それは幸運であり幸せなことなんでしょうね。



ですが、そういった出会いは、残念ながら余り無と思うんです。



これは致し方ないのかもしれません。



他人って、意外とこっちには興味ありませんから。



それはともかく、上記の3ヶ条に従って始めたのが断捨離、とゆう訳です。



死ぬほど思い詰めてみると、今まで無駄な物に囲まれて暮らしていたのかが分かりました。



本当に必要な物は人それぞれかもしれませんが、数にしたら両手の指で余るんじゃないでしょうか。



双極性障害の特徴として

「散財」

があります。



私もご多分に漏れず、相当な無駄遣いをしてきました。



その額、約200万弱。



人によっては、それを

「経験」

と呼びます。

物は言い様ですね。

それに加えて、本人も良かれと思ってやってますから止まりゃしません。



あるネット記事で読んだんですが

「双極性障害では、躁状態の自覚が無いまま良かれと思ってお金を使っても、良い結果になりにくい」

と、ありました。



まさにその通り。



私の場合も、結局、何も残らず借金だけが残りました。



そんな若い頃の経験や、それ以降の来し方、病気や自殺企図まで通り抜けて、色々手放す決心がついたんですね。



今のクリニックに移った時、医者に

「双極性障害は若い頃からあったと思いますよ」

と言われました。

その時はあまりピンと来なかったんですが、上記の散財や自分の特徴、何よりここ数ヶ月の状態によって、ようやく病識が持てるようになってきました。



さっきの3ヶ条は、この病識の影響もあります。



現在の自分の状態や、置かれた環境を考えると、今は物が少ない方が良いんですね。



リセットです。



双極性障害に限ったことではありませんが、病前・病後で違う生き方を余儀なくされる事があります。



もちろん、幸・不幸は別問題。



自分の年齢を思うと、もうやり直しが利かない気がして落ち込む事も多々あります。

でも死ななかったからには、前向きだろうが後ろ向きだろうが、リセットするしか道はありませんからね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。